猫の肝臓まとめ

猫の肝臓まとめ

猫の肝臓まとめ記事一覧

猫の肝臓【altが高い場合は?】

ALTは肝細胞内に存在する酵素であり、肝細胞の障害により血液中に漏出し、高値となります。これが血液中にたくさんあれば、肝組織の破壊の度合いが大きいということで(肝細胞が破壊されたことで酵素が血液中に溶け出すということですネ)肝臓の状態を見るための指標になっています。つまりこの数値が高い、ということは...

≫続きを読む

猫の肝臓【アンモニアが原因か?】

猫の肝性脳症とは、肝臓の機能不全により血液の成分が変化し、脳に障害を与えてしまった状態を言います。 肝性脳症は従来、肝機能低下により血液中にアンモニアなどが増え、発症すると考えられてきました。肝臓の機能がきちんと働いていないと、血液中の成分のアンモニアや肝性脳症に関係している成分値が高くなってしまい...

≫続きを読む

猫の肝臓はサプリで良くなる?

肝臓用のサプリの上げかた水に粉を溶かした後、注射器でネコの口に直接流し込む。ただしかなり「苦い」ので猫が嫌がるかもしれない。もう一つは缶詰などの柔らかくウェットなエサに混ぜて食べさせる方法。サプリのだいじな種類としてBCAA体内で合成できない必須アミノ酸のうち、バリン・ロイシン・イソロイシンの総称で...

≫続きを読む

猫の肝臓【治る方法とは?】

私の大事な家族のミケが肝炎になってしまいました。元気はありますが、食欲はなくちょっとずつ食べてる状態です。昨日から入院して点滴、注射等していくそうですが良くなるのか心配です。細菌感染や胆管肝炎(つながっている肝臓と胆管が炎症を起こすもの)、脂肪肝、FIPなど、また膵臓や腸に関係して起こる場合もあり、...

≫続きを読む

猫の肝臓【治療するなら効率いい方法とは?】

まずは、猫がかかる肝臓の病気には、どんな種類のものがあるかを、わかりやすく見ていきます!● 肝炎と肝硬変肝臓は体の中で最も大きな臓器で、胸とお腹を隔てる横隔膜のお腹側に接した位置にあります。心臓から送られてくる血液の約4分の1が肝臓に供給されます。肝臓は総肝管によって胆嚢とつながり、また、胆嚢から十...

≫続きを読む

猫の肝臓【食事で改善できる?】

肝臓は、栄養素の分解、合成、貯蔵を行なったり、体の中の毒素を分解して無毒化したりといった、さまざまな重要なはたらきをする器官です。肝臓は機能的に予備能力(余力)が高く、再生能力の高い臓器です。そのため、損傷などがあっても症状が現れにくく、症状が出た時にはかなり進行していることも多いのです。そのため、...

≫続きを読む

猫の肝臓数値を下げる方法

肝疾患の指標としているのは血液中のALT(GPT)やAST(GOT)、ALKP、LDH5、などの数値の上昇が見られると「肝臓がわるい」となります。これらは肝細胞の中にある酵素なのですが、細胞が障害をうけるとそこから漏れ出してくるため、肝疾患の指標としているわけです。数字が高いほど、広範囲にやられてい...

≫続きを読む

猫の肝臓【吐くのは何が悪いの?】

9歳になる雄猫ですが、つい先日の日曜日の朝までは元気でいつもと変わらず水もエサもトイレも何も変わりなく過 ごしていました。朝に外出してエアコンのタイマーをセットして夕方に帰宅したら、猫が少し様子が変で鼻が乾いて居ました。暑気でもしたかな?と思っていたら、水を嘔吐しました。外出している間にもエサ(毛玉...

≫続きを読む

猫の肝臓で薬は何を選べばいい?

猫たちに一般的に使われている肝臓病の治療薬を解説します。獣医師から処方されると、良い薬なのだと信用しがちですが、実際に劇的な改善が見られる肝臓の治療薬はほんの一部に限られます。もちろんどの薬でも効いていれば止める必要はありません。ただし、もし効いていないのであれば中止を含めて検討すべきでしょう。なぜ...

≫続きを読む