肝リピドーシス猫の血液検査は?

スポンサーリンク




肝リピドーシス猫の血液検査は?

 

⇒ 猫のGPT数値を劇的に下げる方法とは?
猫のGPT数値を食事のみで治す!安心安全でネコちゃんにも負担がかからない方法
⇒ ネコは元気なのにGPTが1000超え?
獣医さんもお手上げだったのに下げることができた唯一の対策!これなら下がる!
⇒ 肝臓数値は下がりにくいと思ってませんか?
これなら安心!飼い主さんにも猫ちゃんにもお得なコストがかからない秘密
⇒ 猫の肝臓数値を下げる最新の方法
たった○○をするだけ!あなたが知らなかった最新の治療法とは?

 

↓↓数値を下げられるフードはコレ!一度は試したいキャットフードはこちら↓↓

血液検査では、肝臓の障害の指標となるALT(GPT)、ALPなどの上昇、と肝臓で処理しきれなかったビリルビンの上昇がみられます。画像診断としてエコーが有効です。レントゲンでは脂肪肝の診断は不可です。

 

診断は一般的な血液検査、レントゲン、超音波検査の他に、肝臓の生検(組織を取って調べること)が有効です。血液検査では脱水症状、肝機能の上昇、黄疸指数(血清ビリルビン)の上昇、血漿タンパク質の低下など見られますが、状態によって程度は不定です。

数値が高いならコレ!悩みを解決してくれます↓↓

中高齢期からは、年に1〜2回は血液検査を受けるようにしましょう。
また、脂肪肝は、肥満猫に多く発症しやすいため、猫さんを太らせないように注意することが大事です。

 

確定診断には、肝臓のバイオプシーが必要です。細い注射針で、皮膚を通して肝臓を刺し、組織を一部吸い取って調べたり、お腹を開けて肝臓の一部を切除して調べたりする方法で、十分診断が可能です。

 

肝臓は再生能力がたいへん高い臓器であるため、「沈黙の臓器」ともいわれ、かなりの障害を受けてからでなければ症状として表れてきません。肝臓病は、健康診断の血液検査で偶然異常が発見されることの多い病気の一つです。

 

肝リピドーシスの治療は「必要なたんぱく質量を継続的に給餌しつづけること」であり、短期間で終わる治療ではなく飼い主様の自宅でのケアーを前提とした長期的管理が必要となります。

 

⇒ 猫のGPT数値を劇的に下げる方法とは?
猫のGPT数値を食事のみで治す!安心安全でネコちゃんにも負担がかからない方法
⇒ ネコは元気なのにGPTが1000超え?
獣医さんもお手上げだったのに下げることができた唯一の対策!これなら下がる!
⇒ 肝臓数値は下がりにくいと思ってませんか?
これなら安心!飼い主さんにも猫ちゃんにもお得なコストがかからない秘密
⇒ 猫の肝臓数値を下げる最新の方法
たった○○をするだけ!あなたが知らなかった最新の治療法とは?

 

↓↓数値を下げられるフードはコレ!一度は試したいキャットフードはこちら↓↓

肝リピドーシス猫の血液検査は?

血液検査では、肝臓の障害の指標となるALT(GPT)、ALPなどの上昇、と肝臓で処理しきれなかったビリルビンの上昇がみられます。画像診断としてエコーが有効です。...

≫続きを読む

肝リピドーシス猫の治療はどうすればいい?

肝リピドーシスの治療は原因が特定できる場合、その原因に対する治療を行います。また、肝リピドーシスになると必須アミノ酸など種々の栄養補給が必要になるため、胃などに...

≫続きを読む

スポンサーリンク




 

⇒ 猫のGPT数値を劇的に下げる方法とは?
猫のGPT数値を食事のみで治す!安心安全でネコちゃんにも負担がかからない方法
⇒ ネコは元気なのにGPTが1000超え?
獣医さんもお手上げだったのに下げることができた唯一の対策!これなら下がる!
⇒ 肝臓数値は下がりにくいと思ってませんか?
これなら安心!飼い主さんにも猫ちゃんにもお得なコストがかからない秘密
⇒ 猫の肝臓数値を下げる最新の方法
たった○○をするだけ!あなたが知らなかった最新の治療法とは?

 


 

⇒ 猫のGPT数値を劇的に下げる方法とは?
猫のGPT数値を食事のみで治す!安心安全でネコちゃんにも負担がかからない方法
⇒ ネコは元気なのにGPTが1000超え?
獣医さんもお手上げだったのに下げることができた唯一の対策!これなら下がる!
⇒ 肝臓数値は下がりにくいと思ってませんか?
これなら安心!飼い主さんにも猫ちゃんにもお得なコストがかからない秘密
⇒ 猫の肝臓数値を下げる最新の方法
たった○○をするだけ!あなたが知らなかった最新の治療法とは?